暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

紫外線は肌老化の原因です。肌を守る対策は日々の習慣 そのやり方は?

   

3766b6abe6d1acdf96b0c6d791842750_s

肌老化の原因紫外線です。肌老化によってシミ、しわ、たるみになります。
そこで肌老化の原因、対策 紫外線について解説していきます。

スポンサードリンク

肌老化の原因

肌も人のカラダと同じように、年を重ねるとおとろえてきます。早い人で20代からシミを気にするようになり40代ではシミ、シワ、たるみも気になります。その事象が肌老化と呼ばれています。

肌老化の主な4つの原因。

1、肌のサビ

実は生まれた赤ちゃんの時から肌老化がはじまっています。
呼吸によって酸素を体内に取り入れることによって、活性酸素が発生して肌を錆びさせてます。
もしあなたが今タバコを吸っているなら肌老化になることが嫌ならば絶対にやめましょう。

2、肌の水分量が減ってくる

①表皮の内側に真皮という組織があります。この真皮はコラーゲンと言うたんぱく質が多く割合を占めていて、その間をゼリー状のヒアルロン酸=水分があります。

②真皮の中にあるヒアルロン酸は水分を含む力が非常にあります。加齢とともにヒアルロン酸が減ってきます。

③皮脂量の減少により、女性ホルモンの分泌量が少なくなり、コラーゲンが減りシミやたるみが目立ってきます。
肌の生まれ変わり、新陳代謝が年々少なくなりシミが残りやすくなります。

この①~③が真皮の中でそれぞれ補完してあって水分を保持してます。

3、誤ったスキンケア

自分の肌に合わない化粧品を使う
肌をついついこすってしまう

4、紫外線対策がおろそかになる

紫外線はシミ、しわの原因になる真皮にダメージを与え潤いを奪い乾燥肌になります。

肌老化の対策

肌老化を遅らせるために2つの対策を同時に行います。

1、紫外線のように外側からくる肌老化の原因をブロックします。

シミやしわ、たるみは花粉症と同じで蓄積してコップから水があふれ出すと症状表面にでてきます。

40代の今しみがあるのは、若いときに紫外線対策を怠ったことが原因です。
これから50代、60代になった時のためにしっかり紫外線対策をしていきます。

紫外線対策をついつい怠ってしまう 注意しましょう

①曇りの日や雨の日も紫外線は雲を通して届きます。

②春先の寒い時期は、気温も上がらないので紫外線は少ないと思われがちですが、3月から急激に紫外線の量が増えます。

③窓からも紫外線は入ってきます。春先に窓辺が暖かいとケアせずにいるとたっぷり浴びてしまいます。車のガラスも最近はUVカット加工されています。

④晴れた日にビルや木の陰にいても紫外線は乱反射して肌は紫外線を浴びています。

⑤洋服もニットのように網目があるものは間を抜けてくるので網目がしっかり詰まっているものを着ましょう。

2、服用しながら肌に栄養を与えるもの

①ビタミンC誘導体
ビタミンCが皮膚への吸収を高めるものです。美白効果もあります。

②ビタミンB3
肌の弱い方に最適でコラーゲンの合成を高めて、肌のハリをだします。

③抗酸化成分
甘エキス草、ポリフェノールが肌老化活の原因である活性酸素を除去する効果があります。


スポンサードリンク

習慣にしょう お肌ケア

肌老化を抑えるのはやはり日々の習慣です。アンチエイジングに励んで肌を守りましょう。

①家の中で人と会う予定がない日でも、窓からは紫外線がしっかり入ってきます。
屋内でもしっかりファンデーションをつけましょう。
下地にはSPF20の日焼け止めやビタミンC配合の化粧水を使います。

②ビタミンC誘導配合の化粧水や甘草やポリフェノール配合のスキンケアエキスを顔全体に毎日つけます。

③3日おきにピーリング剤(古くなった角質を取り除く角質ケア剤)を配合した石鹸 ジェルなどを使います。

④1ヶ月に3~4回 美容器を使う
イオン導入器を使ってビタミンCをイオンを導入したり、超音波マッサージで血行を促し顔のマッサージを行います。

さいごに

紫外線対策やお肌に栄養素を取り入れなど日々の習慣が、その後お肌のシミ、しわ、たるみなど正直にでてきます。

面倒なことでも習慣化すれば、逆にお手入れしないことが嫌になります。
しっかりアンチエイジングしてお肌をいつまでも保ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 美容