暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

かき氷のシロップ 市販の物は子供に大丈夫? 手作りレシピです。

      2016/03/28

3e5c1f05ec8c66e9f7d5a4da0af693d8_s
かき氷のおいしい季節になりました。最近はお家で作れるかき氷機の種類も増え、
ふわっふわっのかき氷が手軽にできるので、我が家でも子供たちと食べる機会が多くなりました。ただ以前からシロップの色が異常に鮮やかだなと思いこのまま子供に食べさせてもいいのかと考えていました。

実際,有機農業など食品の安全安心に厳しいヨーロッパでは使っていない着色料も、日本のシロップメーカーでは使われていました。

そこで我が家では市販シロップを使うのを止め、子供には安全に食べてもらいたいので簡単手作りシロップに替えました。
こんなに簡単にできるなら、最初から手作りにすればよかった。

そこで私と同じように市販のシロップに違和感がある方がいましたら、こちらでシェアいたしますので、ご参考になさってください。

スポンサードリンク

かき氷のシロップ市販の着色料は大丈夫?

スーパーに良く売られているかき氷のシロップの裏の表示の原材料をよく読むと、色々な原料が表示されています。

合成着色料は石油製品を化学合成して作られたものです。
合成着色料が使われる理由は原料費が低く抑えられること、色がよくつくことから使用されています。

危険性についてはどこまでの摂取量をとれば発症するかまではわかりません。結局は自己責任と言う冷たいことばになります。

例えば合成着色料、黄色4号であれば市販の和菓子や洋菓子と多くの加工食品に使われ、
いつお子さんの口にってもおかしくないので、事前にわかっているならば、避けた方がいいです。

シロップ別 使われている合成着色料

かき氷シロップ宇治味
黄色4号:じんましん、下痢、鼻づまり、喘息発作のアレルギー症状 各国規制ありません。

黄色5号:アレルギー、発がん性、下痢の疑い アメリカ、カナダ、EUでは認可されています。
青色1号:発がん性 EUヨーロパ諸国では認められていません。

かき氷シロップブルー

青色1号:発がん性 EUヨーロパ諸国では認められていません。

赤色102号:じんましん、貧血。各国規制ありません。

かき氷シロップメロン
黄色4号:じんましん、下痢、鼻づまり、喘息発作のアレルギー症状

青色1号:発がん性 EUヨーロパ諸国では認められていません。

かき氷シロップレモン
黄色4号:、じんましん、下痢、鼻づまり、喘息発作のアレルギー症状。各国規制ありません。

かき氷シロップいちご
紫イモ色素:サツマイモうを乾燥、粉砕したもので天然の既存添加物。

紫コーン色素:紫色のトウモロコシを弱酸性水溶液で取り出した天然の既存添加物。

いちごシロップ以外は石油製品を化学合成して作られた着色料を使用しています。


スポンサードリンク

簡単 手作りシロップ作り方

ご自宅で原料が分かっていれば、安心ですね。
100%ジュース、ジャム、メイプルシロップからの作り方です。

100%ジュース

市販またはフルーツから手絞りの100%ジュースと砂糖それぞれ同じ量を鍋て煮て お好みのとろみ具合ででき上がりです。

オレンジジュー
レモンジュース
カシスジュース
グレープジュース
グレープフルーツジュース
パインジュース
ピーチジュース
たくさんのシロップができます。

最近は日本国内でゆず、もも、りんご、ラフランス ハスカップなどこだわってつくったご当地100%ジュースもあります。
お子さんと選んで、手作りにすることで広がりますね。

濃縮還元とストレートジュースの違い

同じ100%でも濃縮還元とストレートジュースでは製法が違います。

・ストレートジュースは絞ったそのままです。
・濃縮還元は一度絞ったものを、水分を抜き再び水分で戻します。なぜその濃縮させるのかは外国から輸出する際たくさん運べるからです。

ジャム

ジャムを同量の水でかき混ぜて出来上がりです。
ジャムの糖度(甘さ)によって水分量が好みの甘さが違ってきます、徐々に混ぜてのばしてください。

最近はスーパーでもたくさんのジャムの種類がありますのでこちらも選べますね。

メイプルシロップ

メイプルシロップをそのままかき氷にかけるだけです。

メイプルシロップの原料はカエデの樹液からできています。
収穫時期は冬の間カエデの木の中にためた樹液を春の一時期だけ収穫できます。

収穫方法はホースを木に刺して樹液をだします。
最初の糖度は2~3%しかありませんが、糖度を66%まで煮詰めます。
まさに自然の恵みですね。

さいごに

市販のシロップを使わなくても、手作りシロップでおいしいかき氷が食べられます。
また簡単にシロップはできるのし、味の種類もいくらでも広がります。
お子さんの夏休みの自由研究にも使えそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 健康