暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

大相撲春場所2016年 日程と観戦するならどの席がお得なの?

   

いよいよ大相撲春場所がはじまります。
チケットの一般発売も始めります。
会場の名称がエディオンアリーナ大阪(元大阪府立体育会館)に変わりましたが、
会場は同じ元大阪府立体育会館です。

そこで 実際相撲を観戦する際、どの席が本当は見やすいのか
やはりテレビ観戦と同じ「映像」の方が違和感がないと思います。
テレビ観戦と同じ映像と 席料金を考え本当はどの席がお得なのか
調べてみましたので、ご参考になればと思います。

大相撲春場所 2016年日程

日程:2016年3月13日(日曜日) 初日~3月27日千秋楽
開園は8:30~ 十両は14:30~

当日券も販売します!

チケット一般発売 2月7日(日)10:00~

最速先行受付

予約サイト チケットぴあへ

電話でのお問い合わせ先
06-6631-0120
公益財団法人日本相撲協会大阪先発事務所
受付時間:10:00~17:00
問い合わせ 2016年1月26日(火)より

どの席がお得なの?

031a72d311e38ddd854f2342ad3636a9_s

実際に会場で観戦するのと、テレビ観戦と同じでないと違和感がでると思います。
そこを基準に価格を考えながらみていきます。

椅子席

実際どの椅子席がいいのか?

まずデメリットですが、
エディオンアリーナ大阪(元大阪府立体育会館)の椅子はとにかく狭いそうです。
椅子その物が小さく両隣との座席との間が狭く、
前の席の背もたれが膝に接触するくらい狭い。

お食事や トイレも一苦労で通路以外は大変だそうです。

メリット
国技館とは違い会場自体がフラットなので、どの席からも土俵が良く見え、
上から見下ろす感じではなく比較的 目線にのまま観戦できるそうです。
土俵から離れていても臨場感があるんですね!

また
椅子席Sと椅子席Aは東西の方向なので取り組みは、力士の背中を見ることになります。
椅子席SSも長時間の観戦でもゆったり見れますが、やはり東西が席になります。
※取り組みが始まれば変わりますが、取り組み前の表情仕草は見ものですよね。

テレビ観戦と同じなのは正面 テレビ観戦と映像が逆なの向こう正面です。

ねらい目は正面 向こう正面の椅子席B、Cになります。

桝席

桝席の正面
4人桝席B、4人桝席Cは正面と向こう正面になります。
4人桝席Aは東、西、正面、向こう正面を囲むようになっています。
よって場合によっては東西になります。

ペアシートは4人桝席Cなので 
価格、座席の広さ見やすさからコストパフォーマンスが高いですね

ペアシートとは
4人桝席Cを2名で使います
 19000円(一人当たり9500円)

溜席(たまり席)
別名 砂かむり席と言われる土俵周辺の席です。
真剣勝負の場と言われ 飲食禁止なっています。

力士もよく飛ばされておちてきますので、
よそ見をしているとケガをする場合もあります。

初めてのデートや、楽しく食事やお酒を呑みながら
観戦されたいならば避けた方が良いです。

1桝(1席分)座布団1枚分と言われているのでかなり狭いです。
お金に余裕があれば、一人2桝が理想です。

感想を聞きましたがなにろ狭かく 交代で休憩を取り合いながら
その間 足を伸ばしたりしたそうです。

席料金

溜席
溜席(たまり席) 14800円

桝席
4人桝席A 46800円(一人当たり11700円)

4人桝席B 42400円(一人当たり10600円)

4人桝席C 38000円(一人当たり9500円)

椅子席
椅子SS 9800円
椅子S  8800円
椅子A  6900円
椅子B  5600円
椅子C  3800円
椅子D  3100円

当日券
大人2100円、小人(4~15歳)200円
現金のみで カードは使えません。

エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)正面切符売り場にて
午前8:00より
売り切れ次第終了です。
原則お一人様一枚です。

過去取組が盛り上がると早朝5時から並ばれているかたもいました。


スポンサードリンク

大相撲春場所会場

会場:エディオンアリーナ大阪(2015年9月1日から大阪府立体育会館から名称変更)

大阪市浪速区難波中3-4-36

最寄りの駅からの距離
地下鉄なんば駅5番口350m
大阪難波駅600m
南海難波駅南出口250m
JRなんば駅から800m
大阪市営バスなんば停留所から350m


阪神高速なんば出口から車で5分

電車
大阪梅田駅(JR・阪神・阪急)から約19分
新大阪駅(新幹線)から約23分
関西空港から約50分
伊丹空港から約40分

駐車場

1時間500円 30分毎に250円
ただし、当日混在が予想されるので公共機関でのお越しがおすすめです。

まとめ

国技館と違って狭いので(椅子が狭いのはいやですが)観戦の際、
距離感がなく臨場感が楽しめるのが大相撲春場所です。

座席の価格にとらわれず、観戦しやすい場所を確保しましょう。

スポンサードリンク

 - 相撲 ,