暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

登山靴での靴擦れ防止対策は?爪が割れない方法 応急処置は?

   

気温を暖かくなり、いよいよ春の登山シーズンがやってきました。

今年初の登山で心配なのは、登山靴での靴擦れです。
履きおろしの新品。 昨年も履いてなじんでいたが、
しばらく履いていないのでやはり靴に慣れていない、

登山の途中でかかとの擦れや、下山時によく起こるつま先が当たって
爪まで痛めてしまう。

また
しっかりご自身で靴擦れ対策をされている方でも、
靴擦れになってしまうことが多い事も事実です。

せっかくの楽しい登山を快適に楽しんでいただくため
登山シーズン前に登山靴での靴擦れ防止策について
調べましたのでご参考になればと思います。

スポンサードリンク

登山靴での靴擦れ防止対策は?

468a7e388e95d49bf8b72cf1dd79b6f3_s

自分なりの靴擦れ対策を講じていてもなってしまうがあります。
なにか見落としがないか見ていきましょう。

◎靴下を今まで以上に厚くする。

1、厚手の生地にする。材質も確認しておく。

ウールと化繊の混紡が良いそうです。
但しコットン(木綿)の靴下は靴擦れしやすいそうです。

デメリット
最近の登山靴の優位性である通気性機能を十分に発揮できず、
また地面の情報が伝わりにくくなる。

2、重ね履きにする。
まず薄手で絹の五本指靴下を履き、その上に
中くらいの厚さのウール、化繊の混紡靴下を履き重ねるやりかた。

デメリット
1、通常の靴下よりも1cmほど厚く大きくなるので現在の登山靴が、
きつくなり過ぎる可能性があるので登山靴との履き合わせを試す必要があります。

2、先ほども書きましたが、最近の登山靴はフィット感 通気性が優れているため
この優位性を消してしまう。また地面の情報が伝わりにくくなります。

◎インソールを替えてみる

1、今使っているインソールを
厚手で固めのものに替えることにより、
靴の中で靴底と足をフィットさせて、スペースを無くし足のぐらつきを止める。
但し
靴の中で横幅や足の甲が当たる場所が変わってくるので、
登山道具専門店での対応がよいかもしれません。

◎足の甲を固定する
足の甲と靴のスペース部分にパットのようなものをいれて
足が動かないように固定する。

◎始めからをかかとを保護してしまう。
擦れるであろうかかとなどを始めから保護しておく。

1、絆創膏を貼っておく

2、ソルバボンスクウェアタイプ
保護パット部分が広い範囲を保護してくれます。
通気性、伸縮性 ムレも迎えた高機能テープもあります。

3、テーピングで擦れる部分を保護する

4、ワセリンを塗って潤滑油の役目をさせる
マラソンの選手も走る前に 薄くワセリンを塗るそうです。

5、ボルダースキンケア
価格は2000円~ 
スプレータイプのムースで、角質に浸透して保護膜をつくるそうです。

6、インソールをオーダーメイドする
価格は10000円~ 
靴を履き替えて擦れる場合専門店のスタッフと相談されるのもいいですね。 

◎買い替える
ポイントは 特にかかと部分がフィットしてない靴選びが多いそうです。

登山靴での靴擦れにならない方法 爪割れの対策

下山時に爪の先が当たって擦れて、爪が割れてしまうのは、
足先が靴のいちばん前までずれていることが原因ですので、
靴ひもを甲からしっかり結んでいく方法です。

靴ひもは登山時には足首を柔軟にまげやすくするために、やや緩めに結び
下山時は足先、爪が靴に当たらないようにきつく締めるそうです。

疲労によりあしのむくみ
下山する際、すでに体の疲労により足がむくみ
足のサイズが変わっている事が考えられます。


スポンサードリンク

登山中の靴擦れ応急処置

準備不足や 不測の事態で靴擦れが起きた場合に覚えておきたいことです。

普通の絆創膏剥がすときや擦れによっては皮膚がめくれるので、
靴擦れ防止用絆創膏やソルバボンを患部にあてた上、
しっかりテーピングを一周以上巻き患部が
さらに擦れないようにしっかり固定しておきます。

まとめ

やはり専門店での靴選びや 靴擦れ防止用絆創膏、ソルバボン、テーピングなどで
事前に擦れそうな箇所をしっかり保護しておけば回避できそうです。
自分もそうですが、過信は禁物ですね。

登山靴を購入する際は
適正サイズは5mm~1cmほど大きいものを選ぶことが
一般に良い言われています。疲労による足のむくみも考えられます。

さらに、普段の靴のサイズプラス5mm~1cmだけではなく
横幅 甲の高さなどをしっかりフィットさることが大切ですね。

山での事故を考えてれば、やはり専門店のスタッフの方と
相談しながら登山靴を選ぶのがいいですね。

スポーツ用品店と 登山用品専門では道具に対する知識 経験量が違うと言われます。

靴を購入する際は登山に使う靴下も持っていった方が良いそうです。

材質はゴアテックがポイントとのことです。
ゴアテックは急な雨でも雨が靴に染み込まず、蒸れないそうです。

スポンサードリンク

 - 運動 ,