暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

春野菜栽培プランターの土は再利用できる?野菜の科とは?プランターで難しい野菜

   

野菜集合

昨年使ったプランターの土を捨てる場所もないし

もったいないで、できれば再利用して野菜を育てたい。

うまく野菜はできるのだろうか?

スポンサードリンク

春野菜の栽培プランターの土は再利用できる?

結論から言えば野菜作りはできますが、
輪作した方がいいです。
輪作とは、違った科の野菜を毎年プランター毎に分けて作付する

毎年同じ野菜ばかり同じ土壌で作ると

連作障害といって

野菜が同じ肥料成分ばかり摂取するので一定の肥料分
微量要素が足りなくなるし、

同じ土壌では同じ病原菌や 害虫が住みやすくなり
作物に悪さをします。

輪作のやり方として
プランターであれば4つ揃えたプランター毎に
作付野菜をローテーションすることです。

昨年の土を再利用する際

水分の偏りがるかもしれないので、プランターを

サラサラに土を砕きながら よく混ぜ乾燥させます。

足りなければ ホーセンターの黒土を補充します。

化学肥料を使わないのであれば、

PH調整として 貝殻(牡蠣殻)石灰。
野菜はPH6.0が最適といわれているので
表面にさらっと振りかけてよく土と混ぜます。

貝殻石灰は 微量要素も含まれています。

肥料
全体肥料(チッソ) 発酵鶏糞

リン        グアノリンサン(こうもりの糞)

カリ        パームカリ又は草刈灰

輪作するために野菜の科を知る

同じ科目を作らないように、科を確認しましょう。
プタンターで可能な野菜です。

ナス科

トマト
ミニトマト
なす
ピーマン
パプリカ
ししとう

ウリ科

きゅうり

アブラナ科

小松菜
ブロッコリー
キャベツ
白菜
水菜

キク科
レタス
春菊
サラダ菜
チマサンチュ

アカザ科

ほうれん草

マメ科

スナップエンドウ
インゲン
ソラマメ

バラ科

イチゴ


スポンサードリンク

プランターで育てるのが難しい野菜

土の中で出来るものは 深さが必要です。

ユリ科

玉ねぎ
ニンニク
長ネギ

ナス科

じゃがいも
さつまいも

キク科
ごぼう

ウリ科

ツルが長く面積が必要です。

かぼちゃ
スイカ
ズッキーニ

まとめ

野菜の輪作を心掛けましょう。

水やりと温度管理が大切です。

水やりは必ず朝やって 夕方土壌の表面が乾くくらいです。

やり過ぎていつも土壌が濡れていると病気の原因になります。

自分で育てた野菜は本当においしいですね。

スポンサードリンク

 - 家庭菜園 ,