暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

引越しの際車庫証明が軽自動車は必要?手続きは?車検証も変更?

   

今まで住んでいた地域は、
軽自動車の車庫証明が必要ではなかったが、

転勤先は人口も多く 
軽自動車でも車庫証明が必要なのかわからない?

また車検証も住所変更の申請手続きが必要なのか?

申請手続きは自分でするものなのか?

これから確認していきます。

スポンサードリンク

引越しの際、車庫証明が軽自動車は必要?

昔は軽自動車は車庫証明もいらなかったのですが、

これだけ 普及すると違法駐車も増えてきますので

必要 不必要は市町村によって対応が違います。

基準として 人口10万人未満の場合車庫証明は不要になります。

必ず、購入前に管轄の「軽自動車協会」にお問い合わせください。

因みに
軽自動車の場合「保管場所届出」になります。
小型車から「車庫証明」になります。

よく新車・中古社の販売店さんが「軽自動車は車庫証明は必要ない」
と言いますが市町村によっては必要で、
最終的に責任はユーザーさん自身になります。

引越しの際の車庫証明 軽自動車の手続きは?

ディーラーに依頼するか自分でも申請できます。

ディーラーに依頼する場合、経費は15000~20000円が相場。

自分で申請する場合は2000円ほどで済みます。
7~10分の1以下ですね。

車購入の際 値引き交渉した方がいいですね。 
無理な場合は自分でも簡単にできます。

車庫証明の届け出は ナンバーの取得後 15日以内に届出になっています。

手続きは管轄の「警察署」で行います。

必ず申請の際 管轄の「警察署」に電話で問い合わせすることにより
申請作業が簡潔に進みます。

軽自動車の車庫証明を申請する書類

 ①自動車保管場所届出書
 ②保管場所標章交付申請書
※③自認書
※④使用の本拠の位置が確認できるもの(住民票や公共料金の領収書)
  ⑤保管場所の所在図・配置図

  ③か④のどちらかの書面を提出します。

書式書類は 管轄する警察署でもらうかインターネットでダウンロードできます。


スポンサードリンク

引越しの際車庫証明を変更したとき車検証も変更必要?

車検証の住所変更をしていなくても、車検はできますし、
重量税の請求も住所変更で新居に郵便物が届きますが、
法上は、変更届をしなければなりません。

手続きは管轄の「軽自動車検査協会」で行います。

手続きは普通車より簡単です。

必ず申請の際 管轄の「軽自動車検査協会」に
電話で問い合わせすることにより
申請作業が簡潔に進みます。

車検証住所変更に必要な書類

①自動車検査証記入申請書
②新所有者の住所を証明するもの(住民票など)
③自動車検査証(車検証)
④自賠責保険証
⑤自動車税申告書(軽自動車検査協会の窓口でもらえます)
⑥自動車保管場所証明書(地域により「保管場所届出」が不要)
⑦ナンバーが変わる場合 既存のナンバープレートを外して持っていく
⑧印鑑(シャチハタ以外なら大丈夫)

時間は30分以内が目安です。
経費は書類代      約200円 (代筆は2000円前後)
ナンバープレート代約   1500円

まとめ

保管場所届出(車庫証明)は
人口10万人未満の場合は不必要になります。が
必ず、購入前に管轄の「軽自動車協会」にお問い合わせください。

申請は簡単なので、時間がとれる場合、お金の節約になりますので
自己申請を試してみてください。

「保管場所届出」申請前には必ず所轄の警察署、

「車検証の住所変更」申請前には必ず所轄の「軽自動車検査協会」

電話して納得するまで聞いてください。

スポンサードリンク

 - 引っ越し ,