暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

LCC機内持ち込み手荷物とは?ウェブチェックインでばれない?液体は?

   

LCCを使って安く旅行したいのに、受託手荷物にしてしまうと
手数料がかかってもったいない。
そこで機内に手荷物を持ち込込むためのルールを
見ていきましょう。

スポンサードリンク

LCC機内持ち込み手荷物とは

LCC各社によって若干対応は違いますが、
 「身の回り品」と「手荷物」の2つが機内に持ち込めます。
この組み合わせであれば、問題ありません。

「手荷物」と「手荷物」は機内持ち込み不可となる場合があります。
お土産もお土産袋では「手荷物」になるので、
リュックなおどに入れておけば「身の回り品」扱いになります。

「身の回り品」とは小さいサイズのセカンドバックや手提げ袋
ノートパソコン、バック、カメラ、メガネ、貴重品などです。

「手荷物」とはスーツケースなどです。
サイズ重さは100席未満→45×35×20cm以内合計115cm
      100席以上→55×40×25cm以内合計100cm

各航空会社によって7kgの場合もありますので、
LCC各社ホームページの機内持ち込み手荷物サイズでご確認ください。

スポンサードリンク

LCC機内持ち込み手荷物ウェブチェックインでばれない?

LCC機内持ち込みの手荷物検査をウェブチェックイン等で
事前に搭乗手続きを済ませてしまえば、空港カウンターに立ち寄らず
手荷物検査場に直行できますが、
明らかに大きい荷物 明らかに重そうな荷物か抱えていると
抜き打ち検査に会う場合がありますので、常識の範囲内になります。

LCC機内持ち込み手荷物液体は?

液体は手荷物検査のゲートで100cc以上は持ち込めませんが、
検査通過後に売店・自販機での購入したものは 持ち込めます。

アルコールの持ち込みは?
アルコールの持ち込みはどの航空会社も禁止されています。
単純に機内販売での航空会社の収益ばかりではなく、
乗客の泥酔予防や体調管理ができないないども理由としてあります。

まとめ

「身の回り品」と「手荷物」の2つが機内に持ち込めます。
「手荷物」と「手荷物」は機内持ち込み不可の場合があります。

特にLCCの場合厳密に管理しているようです。

スポンサードリンク

 - 飛行機 ,