暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

雛人形処分の仕方は?供養必要?寄付する方法?

      2015/12/01

古くなったり、引っ越しの時、
雛人形の処分の仕方について
悩まれる方がいらっしゃいます。
雛人形の処分の仕方を
どうすればいいか見ていきましょう。

雛人形処分の仕方は?

雛人形は自分自身の分身ですし、
日本ばかりでなく西洋(人形)にも
供養する習慣がありますので、
雛人形をそのまま廃棄物として出すことは
非常に抵抗があると思われます。

神社では「人形供養祭」「人形感謝祭」が行われて
いるのでそちらに、持ち込む方法があります。

また 養護施設などに寄付する方法もあります。

雛人形処分する際供養は必要?

雛人形は自分の身代わりになって、
色々な厄から身を守ってきてくれたので、
しっかり供養されたほうがよいと思われます。

神社では「人形供養祭」「人形感謝祭」が行われて
いるのでそちらに、持ち込めます。
郵送でも対応できるようです。
供養費の相場は5000円くらいです。
神社によって異なりますので、直接ご確認ください

スポンサードリンク

雛人形の処分を寄付する方法?

寄付として老人ホームや養護施設に寄付を
考えられる場合は、
役所の福祉課に確認したり
私立の幼稚園や保育所に直接
尋ねてみてはいかかでしょうか。

南紀勝浦で開催されるひな祭り

が募集されています。

人形供養費もかかりますが
いかかでしょうか。

「ワールドギフト」
世界の貧困に苦しんでいる子供たちに
人形、やおもちゃを送る団体もあります。
詳しくは下記ホームページを検索ください。
ワールドギフト

自分たちを長く見守ってくれた大切な雛人形ですので、
ほかの場所に行ってもいつまでも長く
大雪にされることが一番ですね。

まとめ

残念ながら行き先がなく処分される場合は
人形供養されてからの方が気持ち的にもよいと思います。

末永く守られる方法として
あらたに寄付先を見つけるができます。

スポンサードリンク

 - 初節句 ,