暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

ストーブ 分解掃除の方法 毎年自分でやっています。

      2016/12/30

P_20160602_140118

北海道に移住して、季節の変わり目に必ずやること。
一つ目はタイヤ交換(秋は夏タイヤから冬タイヤへ、春は冬タイヤから夏タイヤ)

もう一つは、ストーブの分解掃除です。
コタツやファンヒーターで育ってきた者としては、最初は大変でした。
分解掃除はお金を払って、業者にしてもらうものと考えていました。

ある日、ストーブ分解掃除のチラシを読んだら2万~3万円。
毎年この金額を出費するのがもったいないので
周りの知り合いやネットで調べながら分掃除をしました。

最初は時間がかかりましたが、慣れてしまえば15分もかかりません。

北海道や東北に移住された大型ストーブ(煙突つき)をお持ちの方で、

フィルターのほこりを取り除いても、
ストーブが自体がつかない、
火が大きくならない、

もし「ボンっ」とものすごい爆発音がするときは、
タールが詰まっているかもしれません。

毎年自分で分解掃除していますので、ご参考にしてください。
今まで一度も事故はありませんが、自分で分解掃除をされる場合は、ご自分の判断で行ってください。

スポンサードリンク

準備するもの

・細いドライバー :ねじの開け閉めと灯油管のタール(スス)を取り除く(こじ開ける)。
・ペンチ、モンキー:灯油管の六角ねじを外す。
・懐中電灯(燃焼部分が暗ければ使います。あればでいいです。)
・掃除機
・新聞紙(タール、ほこりが床に落ちないように)
・豆腐のプラスチックケース なんでもいいです。(灯油もれ対策)
P_20160602_152418

P_20160602_132851

灯油を止めます

室内に止めるコックがあると思います。
ほこりだらけで、恥ずかしいですが、、、
P_20160602_132820

ストーブの前面のねじをはずします。

P_20160602_132501

P_20160602_132430

5~6か所ねじがあります。簡単に外れました。
P_20160602_132512

灯油管を外します。

このとき灯油が漏れないように、プラスチックケースを管の下に置きます。
P_20160602_132858
これの銅色が灯油管です。
P_20160602_132518
手では外れない
P_20160602_132804
モンキーかペンチで六角を外します。
P_20160602_132746
少し緩めて後は手ではずれます。 灯油が漏れないか注意しましょう。
P_20160602_132754

外れました。
P_20160602_132921

次にストーブの中にある燃焼する鉄の部品(中身)を抜いていきます

最初だけ、ねじがありますが、残りは簡単に手で抜けます。
この作業は一番底の燃焼部分にスス(タール)が詰まっているかを確認するためです。
P_20160602_132948
抜くときに、元に戻す時に順番を忘れないように、並べていきましょう。
P_20160602_133010

P_20160602_133020

P_20160602_133032

P_20160602_133040

一番底が見えました。
左側の黒い部分が灯油が流れてきて、火が着火し燃焼する部分です。
この部分がタールによってつまり 灯油が流れてこなくなるんです。
P_20160602_133048

タール(スス)を灯油管から取り除きます。

先ほどはずした左側(ストーブ本体側)の管に
P_20160602_132921
ドライバーを刺します。
P_20160602_133336

最初は固くて、ドライバーが全然入って行きません
これでは、灯油がストーブに届かないので、
燃焼するわけがありません。

怖がらずに、やや力を強めにぐりぐり回転させながら、こじ開けます。
ドライバーが
P_20160602_133336
中まで入りました。開通しました。
P_20160602_133343
タール(スス)です。なんかスッキリしますね。
P_20160602_133504
掃除機でほこりを吸い取ります。
基盤や配線があるので、慎重に行います。
P_20160602_134105

元通りに戻します。

・灯油管をつなげる
・ストーブの中身を、取り除いた逆の順番で戻していきます。
・ストーブの前面をフタをする

背面のフィルター・ファンを掃除

せっかくなので、背面のフィルターのほこりを取り除きます。
ストーブの機種によってフィルターの大きさ形がが違うと思います。
すごいほこり
P_20160602_124832 (1)
きれいになりました。
P_20160602_124959 (1)

フィルターを取り外したらファンがありました。
掃除機でほこりを吸い取ります。
P_20160602_134509

P_20160602_134559

フィルターをもとに戻します。


スポンサードリンク

これでストーブの分解掃除終了です。

ストーブをつけます。

室内に止めたコックを開けます。

きれいに燃焼しています。
P_20160602_140118

もし自信がない火事が不安と思う方は、業者に頼んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 生活 ,