暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

ロードレーサー ダイエット 実は脚を細くする効果あります!

   

f36a15455b9348a886ce8ddec6453bb8_s
学生時代にトライアスロンで汗を流していた頃はアスリート体型だったのに30超えたらお腹周りが気になってきました。

10年近く運動をサボっていたので健康診断も気になるからと重い腰を上げたのですが、何から始めて良いものかと思って昔のアルバムを取り出して眺めていたのです。

スポンサードリンク

ロードレーサーに乗ってダイエットするぞ!

それがトライアスロン競技をしていた頃のものだったのですが、マラソンはさすがに膝と心臓に負荷がかかりますし、水泳は近くに温水プールが無かったのでロードレーサーなら今からでも出来るかなと思い始めました。

そして後戻り出来ないように予算10万円で入門者向けのロードレーサーを購入しました。

競輪選手が乗っているのは短距離向けのギアが前後1枚のものですが、ロードレーサーは前2枚で後ろ10枚ギアが付いているので20段切り替えの長距離用です。

ママチャリでも良いのかなと思う方もいるでしょうが、太ももの前しか筋肉つかないので足を太くするにはママチャリが最適です。脚全体を絞りたかったので真逆のロードレーサーにしました。

少し早めに走ってよく食べること

ロードレーサー 痩せるための乗り方

ロードレーサーの特徴として専用シューズを使うとペダルに足を固定できるのですが、自転車を漕ぐというよりもペダルをぐるぐる回す動きをすると最初のうちは裏側がつりそうになります。今まで使っていなかった筋肉なのでつるのが普通です。

ペダルをあまり踏まずに持ち上げるイメージで後ろ方向に回すようにすると上手く行きます。サドルにはちょこんとしか腰掛けないようにします。

ハンドルはしっかり持ってギアは笑ってしまうほど軽くします。この状態で90回転/分以上になるようにして走り回ります。30分くらい走れれば良いのですが、20分以上続けないと有酸素運動にならないため、ギアは軽くても良いので続けて回します。

水分と塩分を補給しながら走った方が良いでしょうし、お腹が空いたら走りながら食べたりもします。食べ物のレシピを考えたりするのがまた楽しいのです。


スポンサードリンク

タンパク質は多めで炭水化物は少なめに

タンパク質と炭水化物の違いは何でしょう。シンプルな話をするとタンパク質には窒素成分が含まれているけれども炭水化物には含まれない。

つまり、体内でタンパク質は炭水化物に分解して合成できるけど炭水化物からはタンパク質は作れないのです。

余った炭水化物はエネルギーとして貯蔵にまわり脂肪に化けますが、タンパク質は不足した炭水化物になれるので炭水化物が不足してもタンパク質が十分摂取されていれば何とかなります。

そのため、良質なタンパク質を摂取して炭水化物を抑えるダイエットが有効なのですが、タンパク質を十分に摂取という部分が抜け落ちていると基礎代謝が落ちてしまいリバウンドしやすくなるのです。

ロードレーサーは脚を細くする効果あり!

私は好きで自転車を乗り回していたのですが、2年後には体脂肪率22%→12%になりました。これ以上は減らさないつもりですが、全身の運動可能な筋肉量のうち7割が下半身にあるため、ロードレーサーを乗り回すのは膝への負担が少なく脚を細くするのには適しています。

実は筋肉をつけると足が太くなるということは、私の経験からは間違った考えだと思います。
やはり筋肉に負荷を与えてを鍛えれば、足もギュッとしまります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 健康