暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

梅雨の時期こそ部屋干しがおすすめ? 臭い退治のコツ

   

834343ece034c5e44c3c4c2389b79847_s
じめじめした梅雨の時期は洗濯物が乾かず困まります。
もっと困るのが洗濯物の生乾きのクサい臭い。

ただ洗濯前、洗濯中、干す際のコツを掴めばクサい臭いになりません。
こちらで、部屋干しで臭いに困らない方法をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

洗濯物の生乾きの臭いの原因は?

臭いの原因は?

臭いの原因はモロクセラ菌という菌です。
モロクセラ菌は水分、汗をのエサにしています。
モロクセラ菌は衣類が湿っている時間が長いと増殖して臭いが感染して広がります。
部屋干しは乾くまでの時間が長いのでなおさら菌が増えます。

臭いの元は?

臭いの元はモロクセラ菌の泄物です。
私たちは、わざわざ生乾きの衣類についている排泄物に鼻を近づけてくんくん嗅いでいたんです。。

部屋干しでも臭くならないポイント 洗う前の下処理

汗や水分で湿った衣類は直接洗濯カゴに入れない

洗濯する前の汗などで湿っている汚れた衣類やお風呂上がりのバスタオル・フェイスタオルを、洗濯かごに入れずにフックなどにかけて軽く干して乾かします。
臭いの発生が防げます。

また外出先から雨に濡れて帰ってきた場合でも、濡れた衣類を軽くフックやドアノブなどにかけておきます。

実は濡れた衣類などは、洗濯する前の洗濯カゴの中ですでに臭いが発生しています。
モロクセラ菌が汗や水分をたくさん食べて排出しています。

洗濯前の干す作業がめんどくさい、ちょっと苦手な方は、濡れたものはすぐに洗濯します。

部屋干しでも臭くならないポイント 洗い方

40℃くらいのお湯と酸素系漂白剤で洗濯します。

酸素系漂白剤とは?

まずプールなどで思いだされる塩素特有の臭いがしません。

タイプは粉末、液体があります。
すぐに思いだすのは、ワイドハイターですね
つけおきしても色柄ものも色落ちしません。

また衣類専用の液体漂白剤も売られています。

毎回酸素系洗剤を使っても衣類は傷まないの?

酸素系は酸化をさせる。人間で例えると酸化は老化の原因です。

菌を除菌する場合は酸素系漂白剤をそこまで濃くする必要がないので濃くせずに、梅雨の部屋干しの時は使った方が良いです。

塩素系はだめなの?

除菌力は高いが色が落ちやすい強い洗剤で白色以外の衣類には使いづらい。

酸素系、塩素系の漂白剤は必ずパッケージに表記しているのでを必ず確認しましょう。

残り湯はたくさん雑菌いそうだけど洗濯に使っても大丈夫?

大切なポイントは40℃のお湯を使うことで汚れが一番おちます。
また酸素系漂白剤を使うので、見た目にお風呂のお湯が汚れていなければ除菌効果もあるので大丈夫です。

お湯は漂白剤の働きを良くして、汚れや臭いは落とす時間が水よりも断然早くなります。

部屋干しでも臭くならないポイント 干す時

時間は短く、面積は広く

臭くなりはじめる時間は5時間。
5時間以上経っても乾かないと、モロクセラ菌が繁殖して臭くなります(ライオン実験調べ)

5時間以内に乾かすコツは?

面積を広く。
シャツの襟は折らずに立てたまま、ボタンも全部外して生地の重なりを防ぎます。

厚手の生地は空気の通り道を作る
ジーパンなど生地の厚いものは、裏返して筒状ににして空気の通り道を作ってあげれば、渇きが早くなります。

人工的に空気を動かす
換気扇、サーキュレーターを使って空気を動かせば風の代わりになって干している時間が短くなります。


スポンサードリンク

まとめ

部屋干しでも臭くならない対策。
・汗や雨でぬれた衣類は洗濯カゴに入れずに、洗濯する前に軽く干す。

・酸素系の漂白剤を使って菌を死滅させる。(塩素系は色落ちし、衣類が傷みやすい)

・40℃のお湯で洗濯する。洗剤や漂白剤が働きやすい環境づくり。

・5時間以内に乾かす。菌を抑えていきます。

・空気に触れる面積を増やす。

 襟は立てる、ボタンはすべて外す、ジーパンなど生地の厚いものは裏返して筒状に干す。

・扇風機や、サーキュレーターを使って空気を動かして乾燥を早めます。

洗う前に菌を増やさない。
菌を死滅させる
菌を抑える

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 生活 ,