暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

虫刺されの種類別の症状と処置法

   

127124
お子さんが夏休みで公園や森の中で遊ぶ機会が増えます。
もしお子さんが虫に刺された時の対処法をしっかり知っていれば、焦ることなく処置できますし、お子さんもお母さんの落ち着いた姿をみて安心します。

こちらではお子さんが虫に刺された時の対処法を説明していきます。

スポンサードリンク

毒蛾の幼虫である毛虫に刺されたら

毛虫

毛虫に刺された場合は刺された周辺もしっかりきれいに対処します。
水道水で洗い流す前にセロテープ、ガムテープなどの粘着があるもので患部周辺を、
ペタペタ貼って虫のが触った痕跡を取り漏れがないように毒針をきれいに取り除きます。

刺された周辺が腫れていたら、水道の水できれいに流し落とします。

時間が経っても、はれがひかない場合は、患部を濡れタオルやアイスンなどで冷やしてお近くの皮膚科で相談してください。

副腎皮質ホルモン軟膏を患部に塗ります。
副腎皮質ホルモン軟膏とはステロイドの塗り薬です。
このステロイドは抗炎症作用やと免疫抑制作用があます。

抗炎症作用は患部の腫れの炎症を鎮めてくれます。
免疫抑制作用は刺されて異物が侵入してくると体内で起こるアレルギー反応を抑えてくれます。

ドラッグストアで購入される際は、薬剤師さんに相談してください。

スズメバチやムカデなどの猛毒にさされたら

スズメバチ

活動が活発になる時期はちょうど夏休みの8~9月
活動場所
スズメバチは森の中や山の中などエサとなる昆虫が多い場所に生息していますが、
民家の場合風雨のあたらない軒下や、大きな木の下(あまり高くない場所に)巣を作ります。
巣の位置がお子さんでも手が届くところにもあるので、遊び感覚で絶対に手を出さないように教えてください。
9d405c1d1f0f45e5c2ddd8ace9bd810b_s

刺された瞬間、針で体を刺されたような激痛が全身には走ります。

刺された患部周辺も大きく腫れます長い時間強い痛みが続きます。
痛み以上に頭痛、吐き気、冷や汗、めまいじんましん、おう吐など体に変調をきたします。
お子さんの容態に気を付けてください。

刺された場所にいると何度も刺してくるので、姿勢を低くして声を出したり、手で追い払うような仕草は見せずに
すぐにその場所から離れてください。スズメバチが一度刺すと仲間も興奮して襲ってきます。

早急な対処が必要でアナフィラキシーと言って15分以内にいかに対処するかが重要です。
病院が近くにあれば駆け込み、近くになければ、ためらわずに救急車119番をしてすぐに呼びます。

ショックによって呼吸困難や意識不明になることがあります。
救急車が到着するまでお子さんがしっかり呼吸できるように気道をしっかり確保しておきます。

気道確保のやりかた
仰向けに寝かせて 頭をおさえて、あごが上向きになるようにあごの先を引き上げます。

おう吐があるい場合は、仰向けのまま顔は横に向けておう吐物がのどに詰まらないようにします。

ムカデ

3a17fbd28231548505f4bffabf77ab8c_s
針でさされたような痛みがあります。
場合によっては発汗、おう吐などの症状がでます。

対処法
ムカデの毒は43度以上の熱に弱いので、日頃シャワーを浴びる温度より高めに設定して火傷をしないように患部を5分ほど洗い流します。

ステロイドの塗り薬を患部に塗ります。

ステロイドについて先ほど説明しましたが、もう一度繰り返します
このステロイドは抗炎症作用やと免疫抑制作用があます。
抗炎症作用患部の腫れの炎症を鎮めてくれます。
免疫抑制作用は刺されて異物が侵入してくると体内で起こるアレルギー反応を抑えてくれます。
ドラッグストアで購入される際は、薬剤師さんに相談してください。

お子さんの容体が落ち着かなければ病院に行きます。

絶対にやってはいけない処置法
冷やしてはいけません
毒を口ですいださない
ムカデは刺すと言うより、噛むと表現した方が正しいです。
噛まれた患部一か所ではなく周辺も一緒に噛まれている可能性があるので、
口で吸いだすと一緒に口の中や口の周辺に毒が回ってきます。ご注意ください。


スポンサードリンク

ハチ、あぶ、ぶよに刺されたら

対処法
刺された患部をつまんで、血を出します。
刺された幹部の血を吸うように口で強く吸いだします。その血はすぐに吐き出してください。

ハチの場合患部に刺された針が残っていないか丁寧に見て、あればピンセットなどでしっかり取り除きます。
ハチの場合針を取り除いたらハンドソープや石鹸を使って水道の水できれいに洗い流します。

あぶ、ぶよの場合もハンドソープや石鹸を使って水道の水できれいに洗い流します。

抗ヒスタミン軟膏を患部に塗ります。
抗ヒスタミン軟膏は良く知られているのが、「ムヒ」などです。
ヒスタミンはじんましんとしてかゆみを起こします。抗ヒスタミンは作用を抑えます。

アンモニアの塗り薬は刺激が強いのでお子さん用としては薬局ではあまりすすめられていません。
「キンカン」が代表的なお薬です。

その後、もし発熱などの症状が出た場合は病院にいきます。

蚊やのみに刺されたら

刺された幹部を水道の水で洗い流します。
抗ヒスタミン軟膏を患部に塗ります。

蚊やのみに刺されたら幹部が赤くなりますが、絶対にかいてはいけません
細菌感染になる場合があります。
細菌感染になると幹部がぶつぶつになったり、ひどい場合は水ぶくれになります。
水ぶくれの症状が出た場合はつぶしたりせずに皮膚科に行きます。

虫さされも種類によって対処が違います。
もし症状が発熱や発汗、腫れが引かない時は、病院に行きましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 健康