暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

勝毎花火大会 有料でも無料でもいい いい席で観る方法

      2016/04/24

82d66330b696f7cce88d6b4f6cca7103_s
全国の花火大会ランキングでも14位に選ばれた北海道最大規模20000発。
毎年20万人が訪れる花火大会です。
おととし、1kmほど離れた十勝川の土手から観ましたが、仕掛け花火など大会の目玉が全く観えず正直そこまでの感動もありませんでした。

昨年は、やはり近くで観ないと本当の感動ができないと思い、有料の観覧席のチケット購入しようとたら既に売り切れ。
なんと勝毎花火大会のチケットは発売後10分で完売するほどの人気でした。

そこで有料無料問わず、なんとか花火の打ち上げを近くで観ることができないか探しました。
今年こそは、目の前で 勝毎花火大会を見るぞ!と決めている方のご参考に!

スポンサードリンク

有料チケット

花火大会開催日は8月13日 午後7:30スタート 9:00頃終了予定。

8月ですが、北海道の夜はまじに冷えます。必ず羽織るものを用意してください。

いい席で観ないと花火の価値が半減する!

ここ数年、勝毎花火大会の目玉である仕掛け花火十勝大橋のたもとで打ち上げらますが、
国道38号を背にし右側からしか見えません。
本当に小さいエリア限定になってきました。鈴蘭公園、少し離れた十勝川の土手では大玉しか見えず、
音だけが聞こえて「なんかやってるんだねー」って感じで結構間延びします。

十勝大橋たもとの右側で観ないと意味がないんです。

十勝在住有料限定観覧席チケット予約

4月20日~4月28日17:00まで
十勝在住有料限定観覧席チケット予約が行われます。応募多数の場合は抽選になりますが、親類、お友達、会社関係で知り合いがいましたら、頼んでみるのも手です。
有料席は2種類
ファミリー席17280円(定員4名)マス席
ペア席8640円(店員2名)パイプイス

有料観覧席チケット一般発売

販売はインターネットのみです。
6月1日10:00~6月7日23:59分まで
6月1日10:00に集中しましょう。毎年10分で売り切れます。

安全協力エリア入場整理券席

下の地図を見てもわかる通り、
無料席の中で最高に眺めのいい席です。
数年前までは事前予約は必要なかったのですが、混雑がひどいので
この観覧席は無料ですが、事前の予約が必要となりました。

入場整理券予約期間
6月11日10:00~6月16日17:00まで
6月11日10:00に集中しましょう。

order_ticket
十勝毎日新聞事業局 画像参照


ツアーを利用する

札幌北口発のバスツアーも選択肢の一つです。
クラブツーリズムが毎年運行しています。
価格はVIPバス 有料観覧席付きで23900円(夕食のお弁当付き)
日程:札幌10:00出発⇒帯広15:00到着 21:00出発⇒札幌2:00~4:00到着

この価格は高いですね。
通常の札幌帯広間の往復のバス代で約8000円、
お弁当約1000円、有料観覧席約5000円=14000円
約10000円が手数料のようです、、、転売ヤーもびっくり
ただ確実に有料観覧席で観れる保証はあります。

このツアーに実際に友達が参加したので、体験談をざっくりと聞きました。

ツアーバスの体験談
当日帯広の花火会場に到着したのが、午後1時過ぎ。
すでに無料の会場には場所とりでかなりの人がいました。
有料観覧席の開場時間が午後4時からだったので、帯広市内を観光。

郊外までは行く時間がなかったので、帯広駅周辺の有名どころのスィーツ巡り。
お店同士の距離は徒歩で10分で行けました。
六花亭
ロイズ
クランベリー

花火会場までは、帯広駅から大人200円子供100円で10分間隔で直行バスがでています。

花火がスタートしても無料エリアは人でぎゅうぎゅうでしたが、
有料席はけっこうゆとりがありました。
ここまで

クラブツーリズム弾丸ツアー

スポンサードリンク

オークションサイトは?

大会のホームページでも転売ヤーから購入は禁止になっています。
入場門で転売ヤーが売っていた座席番号と照合して合致した場合入場できません。
ただヤフオク、メルカリで販売する側も座席番号隠せば調べようがないですが、、、
ただかなりの価格で販売されていまので、この辺はご自身の判断になります。

最後に

勝毎花火大会の目玉は、有料席か安全協力エリア入場整理券席からでないと花火と光と音楽の融合がわかりません。
先ほど書きましたが、1kmほど先から見ても 大玉はきれいですが、よくある花火です。
【勝毎花火大会2015年】

せっかくなので私も今年は、有料、無料どちらでも舞わないので間近で観れるようかんばります!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 北海道