暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

枝豆のおいしい茹で方のコツとゆで時間 3つの保存方法

      2016/04/16

4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_s
夏と言えばビールと枝豆が定番ですね。

枝豆は炭水化物抜きダイエットの置き換えの食品としても非常に役に立つ
タンパク質が多く含まれた食材です。

ビタミンCが豊富に含まれていて、美肌の大敵である老化肌の原因である
酸化を体の内側から守ってくます。

そこで、おいしく枝豆を食べるために、枝豆の茹で方のコツ、ゆで時間について、
また枝豆の3つのパターンの保存方法についてこちらでご紹介していきます。

スポンサードリンク

枝豆の茹で方のコツ

枝豆をおいしく食べるための茹でる前の一工夫
枝付枝豆でも、さやだけの枝豆でもさやの両端をキッチンハサミなどでカットします。
カット幅は5mmほどです。
カットすることによって、茹でている時にさやの中まで塩味が染み込みます。

仕上げ用の塩でも十分おいしいので、時間がない、面倒な時はこの両端カットは必要ありません。

枝豆の茹で方
①枝豆をボウルに入れて多めの塩でこすりながらすり込みます。
 枝豆のサヤの産毛を取り除くことによってゆで上げた時見た目がきれいになります。
②鍋にたっぷりの水を沸騰させます。
③沸騰したお湯を中火にして、枝豆を入れます。
④ここで枝豆の食感によってゆで時間が異なります。
※枝豆のさやの大きさ鮮度によって若干仕上がりが変わる場合があります。一つの目安としてで考えてください。
 1、やや固めの食感が好みの場合は約3~4分間
 2、程よい固さが好みのの場合は 約5分間
 3、やわらかめが好みの場合は  約6~7分間
⑤ゆで上がりましたら、ざるにざっとあげて、ザルを振りながら塩をかけていきます。
 枝豆にまんべんなく塩がまらるように振ります。
 ※絶対に水でさらして冷まさないでください。
 色落ちや水っぽくなっておいしくなくなります。

枝豆の3つの保存方法

枝豆の鮮度保持について
枝豆のおいしさは糖と遊離アミノ酸によって決まります。
この栄養成分は収穫後急速に減少して、味が悪くなります。
保存のポイントはいかにすぐに食べるのか
いかに鮮度の状態を保つかになります。

①茹でる前の枝豆を2~3日以内に食べる場合

 ジプロックやポリエチレンの袋に入れて野菜室は7℃くらいなのでそこに保存します。
必ず袋に入れて風に当てないようにします。

②生の枝豆を冷凍保存

ポリ袋などにいれてすぐに急速冷凍します。
食べる時は冷凍のまま沸騰したお湯に入れて味を好みの食感に合う固さをこまめに味見しながら仕上げます。
一度冷凍すると細胞が壊れるので、案外、早く柔らかくなります。

③茹でた枝豆を冷凍保存

冷めてから、急速冷凍します。
食べる時は、自然解凍が一番おいしいです。
時間んがないときは、流水で解凍しますが、やや水っぽくなります。


スポンサードリンク

枝豆の選び方のポイント

熟成度合いによってまったく味が違います
×若すぎる枝豆は柔らかすぎて甘味が少ないです。(さやが小さい)
×成熟しすぎた枝豆は粉っぽく固く味もまずいです。(さや 葉が黄色い)
◎適度な枝豆は、さやの色が鮮明で指で押したらすぐに飛び出そうな感じです。(ぷりぷり)
実際畑で収穫するときも、適期は3~7日しかありません。
さやのみ
◎さやがふくらんで豆が大きく生長したものを選びます。
◎さやの青味の深いものを選びます。
枝付枝豆
◎枝と枝の間隔が狭いものを選びます。
◎さやが密集しているものを選びます。
×さやが、やや黄色いものはやや熟しすぎです。
×葉が、やや黄色いものは収穫遅れのものです。

※さやの表面の産毛が多いものと少ないものは鮮度やおいしさの違いではなく、
単に枝豆の品種が違うだけで、産毛の量によって味は変わりません。

さいごに

ビタミンB1を豊富に含んでいて、夏バテの予防や肩こり、むくみに効果があります。

ビール合うおつまみではなく、体の内側から守ってくれるんです。
飲み過ぎた場合の肝臓に負担がかからない、オルチニンも豊富です。

枝豆をたくさん食べて今年の夏も乗りきってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - グルメ