暮らしに役立つブログ

暮らしの中の疑問を解決するブログ。

梅雨太りの原因である 〇〇をウォーキングで解消しよう(^^♪

      2016/04/10

2df8d5f5204400460c82ab7858a45f4b_s
梅雨の季節になると、体脂肪計の数値は増えていないのに、体が重くちょっと丸くなった感じがします。
原因の一つと言われているのが、「むくみ」であることが多いです。
この「むくみ」の原因を解消できるウォーキングについてお話していきます。
ジメジメした梅雨の時期を乗りきりましょう。

スポンサードリンク

梅雨太りはむくみが原因

梅雨の時期になると、むくみやすくなるのか?
その理由は体の外に老廃物や余分な水分を出す機能があるリンパ管が正常に機能しなくなることです。
また体外に出せずに血中に溜まった水分が毛細血管からじわじわ漏れ出し体がむくみます。

むくみの解消法にはウォーキング

むくみの解消には、食事、運動、マッサージと言われています。

食事、マッサージについてはこちらをお読みください。

ウォーキングと言っても雨の日が多い梅雨時、雨がやんでいる時を見計らって、いつでもウォーキングできるように意識しておきましょう。

シーン別に提案していきます。

早朝ウォーキング

前日の天気予報をみて、いつもより1時間早起きしましょう!
早朝の冷えた空気ですぐに頭がスッキリ目覚めます。
スタート時は体はまだ起きていないので、軽く準備運動をして、
最初の5分はゆっくりウォーキングし、ジョジョにスピードを上げていきます。

早朝は犬の散歩やラジオ体操、ウォーキングされている方が多いので、
いつもと違った風景に視覚が刺激されリフレッシュできます。

通勤ウォーキング

駅までいつもは自転車での通勤をウォーキングに変えます
自転車のママチャリの時速が約15km、ウォーキングは時速約5km
いつもの3倍の時間を余裕をとることが目安になります。
自転車で10分ならウォーキングには30分かかります。

会社や駅でのエレベーターやエスカレーターも階段を使うように心がけます。

一つ前の駅で降りてウォーキングする。これはどうしても目的地に行かなくてはならないので、良い方法です。

朝の駅までのルートと、夜の家までのルートを飽きないように変えると
美味しそうなお店など新しい発見があるかもしれません。

昼食ウォーキング

ランチの時間にちょっと足を伸ばして、いつもと違ったお店でランチを食べたり、
そのあと雑貨屋さん、本屋さんめぐりもけっこうなウォーキングができますね。

買い物ウォーキング

普段 スーパーマーケットですませているお買い物を、商店街や町の八百屋さん惣菜さんにいくと、意外においしいものが発見できるかもしれません。


スポンサードリンク

ウォーキングの効果

ウォーキングは、体のむくみをとるだけだはなく、色々な効果があります。

ウォーキングの効果
・PC作業などデスクワークではイスにすわりっぱなしになり腰痛の原因になります。ここを解消できます。

・デスクワークは前傾姿勢になりやすくウォーキングによって体が上に伸びるのでが姿勢が良くなります。

・全身の筋肉が動くことによって腸の動きも活発になり便秘の解消効果があります。

・気分転換や脳内のアルファー波が生じ、ストレスが解消されます。

・ウォーキングによって女性に多い骨粗しょう症の予防になります。

・カロリーを消費することによって肥満防止に役立ちます。1時間では70~100キロカロリーの消費ですが、積み重ねによって必ず効果がでます。

・筋肉の量が増えて基礎代謝量がが高くなり、太りづらく痩せやすい体になります。

ウォーキングのコツ

ウォーキングには正しいやりの方が効果がでます。
ぜひ試してみて下さい

呼吸を意識する

丹田を意識する

肩甲骨を意識する

骨盤を意識する

さいごに

梅雨の晴れ間にウォーキングしましょうと書きましたが、

晴れていると、紫外線による肌老化(しみ、しわ、たるもの原因)が気になりなったり、
熱中症でウォーキングができないことも多いです。

今年はかわいいレインシューズやレインコートを買ってウォーキングしませんか?

雨降りはマイナスイオンがたくさんあります。
マイナスイオンはリラックス、ストレス軽減の癒し効果があります。
湿度によってお肌がしっとり効果があります。

子供の頃を思い出して、思いっきり水たまりの上で跳ねてみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 - 健康 ,